最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月19日 (土)

花が咲く日を眺めて過す空

最近、音楽を聴きながら通勤する余裕が出てきた。
ついこの間までは、耳から音楽が流れてくるのも嫌で吐き気がしていた。
それほど、気分が落ちており、無が心地良かった。

心地良かったというか、余裕がなかったんですね。
音楽に耳を傾けるほど。
あんなに重力を感じたのは生まれて初めてなんじゃないでしょうか。
今も相変わらずな感じはしますが、まだマシになってきたような。

あんまり他人を信用していないですけど、
少しは信用しても良いんじゃないかな、と、最近は思うようになりました。

すごく周りの人たちが励ましてくれるんです。
優しいですね。
今は、その優しさの裏を深読みしたり、疑ったりせず、
純粋に素直な心で甘えようと思います。

取引先の女性の営業の方(かなり美人)にも良くしてもらってて、
諸々の事情で関係がなくなってしまうのですが、
今度二人で飲みにいこうかなあ、と、密かに思ってます。

ああ、恋かしら、なんて。

仕事をしていて楽しいのは、こういう色んな人との出会いがあることですね。
もう、それしかない、っていうくらいですが。

一期一会ではないですが、これからも良い出会いがありますように。
星に願います。
まあ、狭い業界なんで、その内また商売が復活するかもしれないですけどね。
自力で商売を作る方法もありますけど。

ほんと東京に来てからの間に、様々な人と出会いました。
飲み仲間がありえないくらい増えました。
社内ではゼロですが、社外との付き合いはそれなりにやっているつもりです。

基本的には自分の直感を信じて、一緒にいて楽しい人とですが。
商売が太いだの細いだのは関係なく。
むしろそういうのが無い方が話やすいんですけど、
やはり相手が商社さんとかだと、ただの若造と飲むメリットなんてなくて、商売がなけりゃ、
無駄な時間を過すだけですからね。

人として相手をしてくれる人が少なからずいることが、
この世(僕らが生きている社会)に対するせめてもの救いですね。

あんたなんかただの人だよ、と。
金の匂いのない人なんてほとんどいないんでしょうけど、
それじゃあ、寂しいですよ。

僕はね、商売上、立場が上かもしれないけれど、
いつまでも友達感覚で付き合って行きたいんですけどねえ。
そんな考えだから駄目なんでしょうね。

もちろん、なあなあな関係になるつもりはないですけど。

だけど、私たちが接待する場合、関係を良くして、
と、商売が上手く行く事しか考えていなかったりもしますし。
うーん、難しい。

会社の利益が重要なのは百も承知ですが、
それだけじゃあ、なんだか詰まらない。
詰まる詰まらないの話じゃあないのかもしれませんが、
どうも、カチコチの効率だけを求めた商売なんて、寂しい気がする。

折角、人と人が話をしているんだから、
そんなんじゃあ、フォーミュラ組んで全てコンピューターですればいいよ。

人間なんていらねえよ!!!

2009年9月13日 (日)

理想と現実の間には綺麗な川が流れていて、空気が美味い!!

好きな音楽を聴きながら、朝まで漫画読んで、ネットして。
この時間が好きで、たまらない。

無駄な時間を過しているなあ、と、自分でも思うけれど、
好きなんだから仕方ないっていうか、この時間に対する思いっていうのは、
誰にも負ける気がしないっていうか、もう朝なんだからいい加減に眠たい。

相変わらずまとまっていないし、何が言いたいのか分からない文章ですが、
今は文章を書きたい気分なんです。

キーボードを打ちたい(撃ちたい)気分なんです。

あと、もう少ししたら、誰かを抱きしめたくなる気分になるんです。
いつもなので分かるんですよ。
心が苦しくなるんですよ。

アレを思い出すんです、ジブーリの映画。
なんだったかな、名前が思い出せない、DVDも持っているのに。
ああ、朝だから頭が鈍る。年中だろう!っつう地球全体からの突込みが聞こえますが、無視するとして、
ええ、ああ、なんだったかな、名前。ジーブリの。

思い出した。
耳をすませば、でした。
アレアレ、オレオレ、ミーのカーですよ。

朝焼けを見に二人で自転車で行くんですよ。
その前に迎えに来るんですよ。

セージ君がよー、シズクの家によー。

ああ、胸が苦しいぜ。

恋愛って素敵ですね。おかあさん。僕は元気にサラリーマンやってます。
相変わらず駄目な生活で性格だけど。

ママン。

パパン。

ジジン。

ババン。

オニン。

オネン。

オトン。

イモン。

みんな元気?さあて、僕にこんなに家族がいたかどうかは別として、
昔はよかったねと、こんな時代もあったねと。

ほほう。そうか、眠気を覚ますには寝ればいいんだな!
閃いたぜ!!

やっほーい。

坊主が上手に屁をこいた

こんばんわ。
地球の皆様お待たせいたしました。久しぶりの更新です。

ハロー、オゲンキデスカ??
ワタシハゲンキデス。

風俗とパチンコ屋に通いすぎてお金がございません。なんて。マジ?

うそうそ、ほんとほんと。
つうわけで、今も元気に生きております。

基本的には俯いて生活をしておりますが、ある時ふと気付いたんです。
どうして僕はこんなに俯いて歩いているんだろうと。
悶々と考えて、閃いた瞬間、暗黒の世界に光が射しました。

確かに身も心も疲労しておりますが、
俯いて歩くのには理由があったんです。

そう、なんと!!
私は自分の靴を見るのが好きで、靴を見ながら歩いていたんです。
目から鱗でしたね。

無意識で靴を見ていたなんて。

週末にはピカピカに磨く、戦友である靴たち。
ああ、いいなあ。この靴。かっこいいわあ、と、ある種の自己愛でしょうね。
ナルシストなのかもしれません。

さあて、皆さん。
そろそろ本気で社会と戦う日が近づいてきましたよ。
今までは眠っていたようなもので、これからが本当の戦いです。

相手は途方も無くでかくて強い、無敵の社会ですが、
いい加減、目を覚まして、現実に正面から正々堂々と立ち向かわなくてはいけません。

途中でまた心が折れるかもしれない。
泪を流す日がやってくるかもしれない。
かもしれない、ではなくて、その可能性はすごく高い。

きっと負け戦になるだろう。
しかし、男にはやらなきゃあ、ならん時があるんです。

もう、劣等感を感じるのは嫌だ!!!

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »