最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 忘却の先に | トップページ | 千代子レイと »

2007年12月 9日 (日)

いーよね

格好良く生きたい。

貧乏でも、綺麗な服を着たい。性格、思想、云々の中身の事は放っておいて、何よりも、自分を綺麗に着飾っていたい。今流行の服を着て、最先端を追いかけたい訳じゃない。それは自分にしか分からない格好良さかもしれない。だけど、なんちゅうかっこうしとんねん、と思われれば勝ち。だからって無理に奇抜な格好をする訳でもない。ただ、自分が着たい服を着て、生きるだけ。

誰かの目に留まればそれで良い。自分さえよけりゃそれで良い。分かってもらわなくてもかまわない。この世界中で誰か一人でも認めてくれたらそれで良い。

そうやって生きていく。しがないサラリーマンだけれども。

見栄を張って生きたいという訳じゃないんだけど、結果そうなってしまうかもしれないけど。だけど、自分の好みを周りに合わせるのだけは嫌なんだ。全力で間違った方向に走っても、自分がよけりゃ、それで良い。自分を誤魔化したくない。

僕はね、成りたい自分に成るんだ。ほほほ。

« 忘却の先に | トップページ | 千代子レイと »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 忘却の先に | トップページ | 千代子レイと »