最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月28日 (金)

愛があるかい

ぶっ倒れるように気付いたら眠っている日々にも慣れました二千七年、冬。

生まれて初めて社会人というものを経験した年、やはり社会というのは不完全なんだと実感いたしました。だって、社会を形成している人間自身が不完全なのに、完全なものを創造できるはずもなく。考えれば誰にだって分かる事で、社会の仕組みなんて張りぼての小屋みたいなもので、いつ崩れるか分からない不安定なものです。格差だって生まれるし、矛盾に満ち溢れているのは当たり前。平等なんて言葉はこの世に存在しません。いつか見た人工的に創られた星のように全ては理想でしかない訳で、だからといって妥協するのではなく、今も、今現在も皆それに向かって突き進んでいる最中なんです。まだ完成されていないこの世界、この社会で生きていくことはあらゆる可能性に満ち溢れているように思います。大人に成れば成るほど、時が過ぎるのはあっという間で、それはきっと時間は無限ではないと気付いたからでしょうが、終わりを知ってしまった以上、それまでに何が出来るのか、自分は何に成れるのか、自分自身の可能性を信じて、成りたい自分に成ってやろうと企んでおります。全ては現実で、仮想の世界に生きるのも現実で、痛みを伴い、温もりを感じるのも現実なんです。全ては今しかなく、行動を起こす時期を待っていては待っているうちに状況は刻々と変化し、当初の目的は薄れ、気付いた時にはもう遅い、なんてそんなことがあるかもしれません。全てのタイミングは今。今しか無いんだと思います。僕は成ります、成りたい自分に。最短距離で走ることはできないかもしれないけれど、それに向かって進んで行こうと決めました。やるだけやって、自分が満足できればそれでいいかな。ほんの小さな行動の積み重ねでも、少しずつ変化していきたい。自分の意思で、いつでも変われるんだと証明したい。誰でもやれば出来るんだということを証明したい。凡人なんていないんだと、大声で叫びたいんです。誰だって完璧じゃないんだから、と割り切って、上手く溶け込みつつ、何も考えずに生きているような鼻の高い人間を出し抜いてやろうと思う訳です。環境の変化に伴い、心境も変化し、少しは成長できたかな。色々ありましたが、やっとスタートラインに立ち、あの頃思い描いていた社会が下らないと分かり、そこに可能性を見出した今年。未来を想像するだけでワクワクします。この下らないブログ、文章を見てくれている人が何人いるのかわかりませんが、その方に今書いたことが嘘にならないよう来年もやってやろうと思います。

今年もお疲れ様でした。それでは、よいお年を。

2007年12月25日 (火)

乳首が痛い

怒涛の攻撃。負に塗れた両腕で抱きしめられ、投げ飛ばされ、殴り殺される。

毎回毎回期待を大きく上回る不幸の連続。
すげー、なんだこれ。
何だかイケナイ穴に落っこちたようです。負の連鎖が止まらない。

あー、やってられねえ。

2007年12月 9日 (日)

千代子レイと

この世は矛盾で満ち溢れている。

自分自身の中を見れば一目瞭然じゃないか、だってそうだろう、心の中はぐちゃぐちゃのマーブルカラーで、もはや何が何だか。その時一番だと思ったことが正しくて、行動は更に別で、ぐにゃぐにゃしているだろう。

いーよね

格好良く生きたい。

貧乏でも、綺麗な服を着たい。性格、思想、云々の中身の事は放っておいて、何よりも、自分を綺麗に着飾っていたい。今流行の服を着て、最先端を追いかけたい訳じゃない。それは自分にしか分からない格好良さかもしれない。だけど、なんちゅうかっこうしとんねん、と思われれば勝ち。だからって無理に奇抜な格好をする訳でもない。ただ、自分が着たい服を着て、生きるだけ。

誰かの目に留まればそれで良い。自分さえよけりゃそれで良い。分かってもらわなくてもかまわない。この世界中で誰か一人でも認めてくれたらそれで良い。

そうやって生きていく。しがないサラリーマンだけれども。

見栄を張って生きたいという訳じゃないんだけど、結果そうなってしまうかもしれないけど。だけど、自分の好みを周りに合わせるのだけは嫌なんだ。全力で間違った方向に走っても、自分がよけりゃ、それで良い。自分を誤魔化したくない。

僕はね、成りたい自分に成るんだ。ほほほ。

忘却の先に

誰か一人でも、僕の事を死ぬまで覚えてくれていたら、もうそれでいっかなあ、と思う。誰かの記憶の片隅に残っている事ができるのなら、もうそれで十分だ。忘れられるという事が一番悲しい。かなしい。

くさい

駄目だね。

自分がされたら嫌な事を僕は平気で他人にやっている。
面倒だからと言って、愛の無い行動を取っている。

駄目だね、ほんと。まだまだだよ。

回りに回って、自分の所に返ってくるのに。分かっているのに止められない。
馬鹿なんだろう。腐臭が漂っているよ。脳が腐蝕している。

ふざけんじゃねーよ、しっかりしろよ、自分。甘い叱咤激励。
言葉の重み、他人の不完全さ、全て。
全てが跳ね返って自分の体にぶち当たる。

平気な顔して他人を騙す人間がいるが、僕と彼、まったく同じ。
違うところなんて一つも無い。

遠くでもう一人の自分が僕を見ている。
うぜえ、消えてくれ。そんな目で見ないでくれ。必死なんだよ。

辛いんだよ、分かってよ。分かるだろう自分なら。自分自身のことじゃないか。
フラフラなんだよ。クラクラなんだ。
どうやらこの世は都合良く、自分の思い通りには行かないようだ。

知っていたけれども。あの日から。自分も周りも同じなんだって。
格好悪いね。世界は広いというけれど、僕の生きる世界はとっても狭いよ。
空はあんなに広く見えるのに。近づけばそれ程でもないのかな。

愛があるかい、なんて聞かないでくれ。

2007年12月 4日 (火)

言葉

好き、だとか、愛している、という言葉の裏に何が隠れているんだろう。罵声や暴言の裏側にどんな思いが隠れているんだろう。

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »