最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« げんうん | トップページ | 元気ないね »

2007年11月12日 (月)

ブッコ抜き

頭蓋骨をハンマーでカチ割って、脳髄目掛けて、百八発のミサイルを打ち込んでやろうか。碌な世の中じゃない。腐ってる、腐ってる、腐臭漂うこの薄汚れた汚い空気を溜め込んだ肥溜めよりも汚い街。人。社会。

ちょっとでも人を見下して、揚げ足とって、優越感に浸りたがる、ちっぽけなプライドがキラキラと散りばめられた街。八つ当たりなんて当たり前。口の聞き方も知らない大人。眼球に醤油をかけてやりたい。千の言葉で人を地獄に引きずり落とし、何食わぬ、生意気な人に笑われたことの無いような顔で、人が落ちていくのも確認せず、本人の興味は別の対象に移っている。大人なんだろ。一家の長なんだろ。

てめえの薄い頭の、残り僅かな髪の毛を全てガムテープで引っこ抜きたい。別に偉くもないのに、偉そうにする理由は何ですか。何様ですか。王様ですか。魚の目にイボコロリ塗ってやろうか。くそう、悔しい。いと悔しい。

何で僕には腕が二本しかないんだ。どうして足も二本しかなくて、自由に歩く事ができるんだ。腕も二本で十分で、自由に動かせて、好きな物を触れる。野を駆ける事だって出来るし、本を開いて読書も出来る。何て素晴らしいんだ。出鱈目な夢でも叶える事の出来る、僕の腕と足。これさえあれば何でも出来る。そんな素晴らしい物を与えてくれた神様に感謝。もう僕はこれ以上の幸せを望みません。ありがとう。こんなに幸福な人生を体験させてくれてありがとう。

シャウト!!

« げんうん | トップページ | 元気ないね »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« げんうん | トップページ | 元気ないね »