最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ガタガタゴー | トップページ | 歩く花 »

2007年10月 3日 (水)

蜘蛛の巣

蜘蛛の巣とクロノスって似ている今日この頃。ゴロゴロ。
田舎だから、とか、すぐ近くに山があるから、なんて言い訳は聞きたくないんだ。
自転車に乗っているとよく蜘蛛の巣に絡まります。

顔に、ブシャアアアッって。
あれ見えないから、夜だと特に。もうね、ワププッなんて言うしかないんだよね。
クモノス男爵が一生懸命拵えた城を一瞬のうちに破壊する下級労働者チャーリー。
創造と破壊の連鎖。その先にあるのは人類の未来。希望の光。ワナワナ。

それにしても蜘蛛多いよね、この辺。
何よりも苦手な生き物が蜘蛛なだけに、運命を感じざるを得ない。そんな境遇。
地球に人類と蜘蛛しかいなくなっても仲良く出来そうにないほど、苦手。
あの人、生理的に受け付けないのよ、という人の顔が生理的に受け付けられない、
そんな悪意と憎悪に満ち溢れた感情しか湧き出てこない。蜘蛛を見ていると。

綺麗だね、君の模様の方が綺麗さ。あんなのただの田舎娘だよ。
僕のは駄目だよ、ほらみてごらん、この黄色と黒の境界線。ぼやけちゃってる。
ぼやけているのが悪い事じゃないんだ。ただ、場所がね。このぼやけている場所が、
あと数センチ上だったら、僕は納得したんだろうけど。
センスが悪くってしかたがないよ。あはは。神様がいるなら恨んじゃうね。なんて。
うほほ。

聞いているだけで腹立たしいような、そんな会話が聞こえてきそうで、僕は嫌なんです。
もし隣人がスパイダーマンだったら。どうしよう。

« ガタガタゴー | トップページ | 歩く花 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ガタガタゴー | トップページ | 歩く花 »