最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 第八話 | トップページ | 第十話 »

2007年8月11日 (土)

第九話

「この田舎もん!否、カモン!」

少女は叫んだ。
低い、しゃがれた声で。


つづく

« 第八話 | トップページ | 第十話 »

日記」カテゴリの記事

コメント

なんだか全然話しの展開がよめないストーリーですねぇ。(笑)
毎日その日の気分でストーリーをつないでいるのでしょうか。
それとも、大体のあらすじはできてるのですか?

腹がイタイとミチロウさんが言っていた時、
背中が痛かった南斗ですが、実は未だに痛かったりします。
というか、悪化しております…。
ファン限定記事で久々にちょっと書いておいたのですが、もうミチロウさんは読めませんでしたね。
取り合えず、生きていたらまた遊びにきます。(´д`)

返事が遅れてごめんなさい!
生きています、僕は生きています!よー!

この話の展開は考えまくりなんですが、
地獄の様な多忙の日々なので、更新する時間が本当になくて。
まあ、頭と要領が悪いので、時間を作ろうと思えばいくらでもできるんでしょうけど。いつか天才になりたいですね、ほほほ。

背中大丈夫ですか?
筋肉痛にはバンテリンが効きますよ。病院に行くのは面倒で億劫ですから、どうにかして治さないといかんですね。

生きている限り、ここは残しますので、またおこしやす。では。ほほほー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第八話 | トップページ | 第十話 »