最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 第七話 | トップページ | 第九話 »

2007年7月22日 (日)

第八話

溶けたアイスクリームの甘い匂いが風に流れる。
少し汚らしさが交じっているような、そんな匂い。

揚げたてのドーナッツを頭に詰め込み、黙々と歩く。
風の中に溶け込むように歩く。

私は風よ、そう、風なのよ。

パラリラパラリラア、と虚しい音を響かせ原動付き自転車が駆け抜ける。
何度も何も無い所で躓きそうになりながら、
少女は道路の隅を歩き続ける。

風になりながら。


つづく

« 第七話 | トップページ | 第九話 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第七話 | トップページ | 第九話 »