最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 窒息したって関係無い | トップページ | しょせんそんなものさ »

2007年2月18日 (日)

風が吹く

晴れました。
さっきまでの雨が嘘の様に消え、と言っても嘘じゃないんですけど、
今はすっかり青空が広がっています。

大きな雲が西の空を覆っていて、
さっき、変なカステーラを食ったから、気分が悪いけれど、
この空見ていると、さっきのカステーラを思い出して、ちっとも、じゃなくて、
カステーラなんて、ちっとも、思い出さなくて、ゴロゴロしていたいけれど、
箱の中から飛び出して、鎧を身に纏い、武器を持ち、
颯爽と飛び出した、と、思ったら、飛び出そうとした瞬間に、
玄関で躓き、足を捻挫しながら横転して、鎧が重たくて、武器が邪魔で、
なかなか一人では立ち上がれなくて、こんな時に誰かいてくれたらなあ、と、
実感しつつ、そう呟きながら、なんとか武器を杖にして、立ち上がり、
ふう、と、ため息を吐きながら、エレベーターの前に行って、
ボタンを押そうと思った瞬間に、下の階から、一階まで降りてしまい、
ああ、なんてタイミングが悪いんだ、なんて思っている内に、
下からエレベーターがやってきて、オマタセイタシマシタ、と機械が喋って、
ほんとだよ、まったく、と返事をしつつ、一階を押そうと思ったら、
間違って二階を押してしまい、何度押しても消えず、
結局、一度、二階に意味も無く止まってから、ドアが開き、閉まり、
一階へ降りて行き、勢い良く飛び出すと、ドアの前にカップルがいて、
ハッと、ぶつかりそうに成り、驚いて、あ、すいません、と、気まずくて、
何あの人、鎧なんて着ちゃって、おまけに武器まで持ってやんの、という声を、
背中で聞いて、オートロックが開くのを一瞬待って、恥ずかしさを我慢しながら、
マンションを飛び出し、颯爽と、バイトへ向かう。

そんな日もあるさあねえ。

« 窒息したって関係無い | トップページ | しょせんそんなものさ »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 窒息したって関係無い | トップページ | しょせんそんなものさ »