最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 小さな親切 | トップページ | これが正夢か »

2007年1月20日 (土)

ゲーム脳

昔、喫茶店でアルバイトしていた頃、
バイト仲間に、十人いたら九人が男前だと言う、バンドマンがいた。
一つ年上のフリーター。

ある日、彼が突然、こんな事を言い出した。

「人生っていうのはゲームみたいなもんだよ」
「俺が主人公で、ミチロ君たちはそのゲームの中のキャラクター」
「俺の視界から消えると、灰色に成って止まっているんだよ」

それを聞いて、内心、激怒し、腸が煮えくり返るような思いだった。
お前がいない所で、お前に分からない辛い思いを、
どれだけしてきたと思っているんだ、と。

今までの人生、過去、人格、を全て否定されたような気持ちだった。

« 小さな親切 | トップページ | これが正夢か »

日記」カテゴリの記事

コメント

気の毒な男前ですね。男前でチヤホヤされてきたもんだから、自分が中心でしか頭が働かなくなってしまったんですね。そんな面白くも楽しくもためにもならないつまらない話などしてしまうなんて悲しい男前ですね。ざらざらした心の持ち主ですね。付き合っているとこちらが磨り減っていきそうです。今は付き合いがないようなのでよかったですよ。

名前入れるの忘れました。
なかなか慣れません。

アルバイト中、一緒に働いていた肌の荒れている女の子に、直接、「なあなあ、洗顔って知ってる?」って聞くような人でしたからね。ちょっと脳の一部がどうかしていた人なんだと思います。
僕はよく、彼の為に、知ってる話でも、「へえ、そんな事よく知ってますねえ」なんて言って、「自分、大学生なのに何にも知らんのやなあ、わはは」なんて調子付かせてましたから、僕も悪かったのかもしれません^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小さな親切 | トップページ | これが正夢か »