最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 美味しそうに食われる | トップページ | 熟女の色気 »

2006年11月 9日 (木)

一定の変化

寒い、兎にも角にも寒い、今日この頃、季節は秋から冬へ。
秋冬だけに、防寒具の用意は周到に、なんて、お天気おじさんの言葉、上手い。

たまに、鏡に映る自分を見ていると、死にたくなる時があるんですが、
それは、現実を受け入れる、という、慣れ、諦め、妥協に似た脳の働きが鈍る時。

死にたい、だなんて、生きたくても生きられない人もいるのに、
簡単に言っちゃいけないのは百も承知なんだけど、本当に、絶望を感じる。

自分を見ていたら。
でも、またすぐに諦めて、もう、すっかりどうでもよくなっちゃうんだけど。

自分が好き、だとか、嫌い、だとか、今はどっちでもないなあ。

これは全てに於いて言える事なんですが、常に一定で、同じなんて事は、
無理矢理そう思っていて現実を見ていないか、そう信じ込んでいるだけで、
そんなものはどこにも存在しないように思える。

常に変化している世の中で、常に一定の物なんて、生き残れないよ。
スタイルはスタイルによって滅ぼされるだろう。

時代錯誤もいいところ。

継続は力なり、という言葉を自分に贈ろう。

常に同じ物を愛し、大切にする、一人の人を愛し、大切にする。
もう、コロコロと変わる自分の気持ちに愛想が尽きた。

« 美味しそうに食われる | トップページ | 熟女の色気 »

日記」カテゴリの記事

コメント

ありますね。鏡を見て、「うわ。」と思い消してしまいたくなる自分。
私は変化してしまうことを異常に恐れている愚か者ですが、みちろさんの言うように、実際にはただ現実を見ないで逃げているだけなんですよね。変わらないでいることと、同じ物を愛し続けるということは、別の話なのにね。
私もひとつ、きちんと愛し、大切にしたいです。自分自身でも、他者でも、目に見えない「モノ」でも。
結局複数。欲張り。はは。

まちこさん、コメントありがとうございます!

やっぱり、どうしても、現状を維持し守りたいと思ってしまうので、切羽詰るまで、ギリギリに追い詰められるまでは変わりたくない、と思うのはみんなそうなんじゃないかと思います、だから、きっと臆病なんかじゃなくて、それは仕方の無い事で普通なんだと思いますよ、僕も同じです。

変わらざるを得ない、そう実感する絶望に似た気持ちを乗り越えて、やっと気持ちがふっきれるので、何か人には変わるきっかけ、というのが必要なんだと思います。わざわざ、今の平穏な生活をストレスの世界に変えたい、なんて思う人は少ないはずです。それが自分の成長に繋がると頭の中で分かっていたとしても。

何事も諦めが肝心、そして、何事も程々に。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 美味しそうに食われる | トップページ | 熟女の色気 »