最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 変な数字 | トップページ | ドリカム »

2006年10月26日 (木)

慈愛

初体験の話。

初めての体験は、胸が苦しくなるようなドキドキする甘酸っぱさ。
あの頃の自分、彼女、キス、セックス。

全てが良い思い出。

なんて人が大半なのではないだろうか。
私は違うけれども。

初めて女性と付き合ったのは中学一年。
付き合ってくれ、と言われたので、いいよ、と返事をした。

中学校三年間、女性とは、特に何もしなかったように思う。
電話くらいだろうか。

初めて女性と手をつないだのは高校一年。
ある日、突然、家に女性から電話がかかってきて、友達になってください、と言われた。

翌日、呼び出され、なぜか手をつながれた。
わけがわからなかったけど、数日後、もう別れよう、と言われた。
いつの間に付き合ったんだろう、と思ったけど、わかった、と返事をした。

クリスマスの前日、もう一回よりを戻してください、という電話がかかってきた。
何だか面倒くさかったのか、彼女がいたのか忘れたけれど、ごめんね、と謝った。

初めてのキスは高校二年。

酒の飲み方も知らずに、居酒屋で酔っ払い、
その日出会った、顔も名前も覚えていない女の人に、京橋の改札口の前でやられた。
その時初めて女性の胸を触ったと思う。

それ以外の記憶は無い。

初めて女性と二人っきりで、旅行に出かけたのは高校二年の夏。
当時付き合っていた彼女ではない女性と。
その時、彼女はドイツへ演奏旅行に出かけ、ヨーロッパを旅していたように思う。

一緒に旅行へ行った女性にも彼氏がいた。
彼氏はキレたらヤバイ、と言うのを延々と聞かされていたが、どうでもよかった。
後日、その彼氏と出会うが、いい奴だった。

学校の補習が終わった後、二人で昼ごはんを食べていると、
何だかわからないけれど、旅行に連れて行ってくれ、と言われたので、
旅館を予約し、温泉へ連れて行ってあげた。

夜、一緒の布団で寝ていい?と言われ、一緒に寝るも、
何もせずに寝た。

翌朝、私って魅力ないのかな、って言われた。
旅行に連れて行け、とは言われたが、セックスをしてくれ、
とは言われていなかったので、セックスをしなかった、ただそれだけだった。

初めて女性を部屋に呼んだのは、高校三年。
当時、クラス全員で、出会い系サイトで、誰が一番可愛い女の子と出会えるか、という、
とてつもなく面倒くさい遊びが流行った。

京都まで会いに行くと、とても可愛くて、お前はラッキーボーイだ、と皆に言われた。

どんな流れか忘れたけれど、その彼女と付き合うことになって、
家に行きたい、と言われたので、家に呼んだ。

すぐに別れた。

今まで付き合った彼女の中で、その出会い系の彼女が一番可愛かったように思う。
口の臭さも一番だった。

初めてのセックスは、大学一年の頃。
飲み会で出会った、彼氏が二人も三人もいる女性だった。
一応、私はその彼氏の中の一人だったと思う。

愛がなかったからか、何なのか、セックスに幻滅したのを覚えている。

初めて女性と暮らしたのも、その人で、大学一年。
大学前に住んでいて、便利だったので、居座った。

アルバイトをしていない時は小遣いを貰っていた。
今思えば、ひものような生活だったように思う。

私の誕生日の十二時ちょうどに、バイト先の女の子から、
おめでとう、というメールが来たのを見られキレられ、それが別れる原因だったと思う。

自分のことを棚に上げてキレる彼女に嫌気が差したから。

そこから人生の暗黒時代に入る。
死ぬほど酒を飲んで、タバコを一日に二箱も三箱も吸い、毎日ゲロを吐き、
同時に、学校へ行かず、死ぬほど働いていた。

それが原因で、人生で初めての挫折、留年、をすることになる。

« 変な数字 | トップページ | ドリカム »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 変な数字 | トップページ | ドリカム »