最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 文字から脳へ | トップページ | 歌え踊れ »

2006年8月12日 (土)

蠢く酒の虫

人格を作る事に疲れた、と感じた。

最近、人と酒を飲む機会が多くあり、
その場で、ヘラヘラと笑って、へぇ、ほぉ、だなんて、
大袈裟に頷いてみたり、そんな自分は何処の誰。

そんな別の人格で接している自分を、
頭の上から冷静に見下ろしている自分がおり、
そんな二人を見ている三人目の自分もおり、
酔っ払った自分の周りには、自分だらけなのである。

酔っ払ったら、私は、ちょー適当な人間になる。

普段でも適当なのだけれども、
酒を飲むと、適当さが極端に酷くなり、ヘラヘラと笑っている。

昔なんかはよく、道路に寝転がったり、
店を飛び出て走り回ったりしたものだけれども、
最近は歳の所為か、そういう馬鹿な餓鬼のような真似は、
ほとんどしなくなったと思う。

やれ、と言われればなんでもやるんだろうけど。

ポン引きの婆ぁやホストと話し込んだり、
知らない人に絡む、という事もしなくなった。

どうも記憶が曖昧で。

要するに、人に何かを求めなくなったのではないだろうか。

期待していないようで、実は期待しており、
本当は、結局、駄目だろう、と、期待していないのだ。

無駄だと、思うようになったから。

はっ、何を偉そうに言ってやがる、アホ、ボケ、ナス、カス。

« 文字から脳へ | トップページ | 歌え踊れ »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 文字から脳へ | トップページ | 歌え踊れ »