最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 消せない過去 | トップページ | 並列世界 »

2006年8月26日 (土)

モグル

とても立派な大人にはなれない。

年齢的には、もう十分、大人なんだろうけど、
だから、立派な人間、とでも言えばいいのだろうか。

殻に閉じこもって、どんどん深くまで潜って行き、
それはただ現実から目を背ける事が目的で、
結局は何処にも潜っていないし、前にも後ろにも進んでいない。

無駄な行為だってわかっているのに、
癖になると止まらなくて、目を背けて、逃げる事で、
心の平安を保っているように自分を納得させて、自己暗示。

現実に直面するのが怖くて、
心の準備が出来ていないのを理由に、勝手に自分を納得させて、
時間が無限にあるように思い込んで、
自分勝手な世界に浸って、世界を呪っている自分は、
世界から呪われているんだろう。

外へ出してくれる人もいるけれど、
心は何処かへ行っていて、何が現実かわからない振りをして、
本当は全部知っているのに、知らない振りをする。

誰の為でもないのに、無駄な自己暗示。

本当は、もっと優しくて、温かくて、居心地がいいんだろう?

そんな目で見ないで欲しい。

« 消せない過去 | トップページ | 並列世界 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 消せない過去 | トップページ | 並列世界 »