最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 後ろの少年 | トップページ | 隣人は選べない »

2006年7月27日 (木)

自由に出来る時間

夜中にクスクスと笑いながら読書。

うむ、なんて暗い奴なんだ、と、我ながら思う。

本だけが友達だった、そんなセリフをよく耳にするけれど、
今の自分がそうであり、彼の気持ちもよくわかるのである。

ほぼ、読書に没頭している。

とにかく読み続ける、楽しい、笑ける、くふふ。
もっと本が読みたい、時間が欲しい。

しかし、そんな愉しい時間も、もう残り僅かなのである。

それまでに、今読みたいと思っている本を、
どうにか全て読んでおきたい。

間に合うのか、間に合わないのか。

へへ、やってやるぜ。

だけど、本を買うのには、お金が必要。

なんて、お金、お金、お金、節倹家、吝嗇、守銭奴。
お金が大好物なの。

違う違う。
お金は手段であって、目的ではない、って誰かが言ってた。

その通りだと思うよ。

あー、もっと、本が読みたい。

« 後ろの少年 | トップページ | 隣人は選べない »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 後ろの少年 | トップページ | 隣人は選べない »